データドリブンな経営の推進には、以下のような様々な課題があります

  • データは溜まっているが、どのように活用したらよいのかわからない。
  • BIを導入しようと考えているが、内製がよいのか、既存製品を導入したら良いのかわからない
  • 内製しようと考えているが、構築にノウハウがない
  • 既存製品を導入しようと考えているが、どの製品が自社に適しているかわからない
  • 導入後、レガシーシステムとなってしまわないか不安だ

ヴィクセスは、これらの課題を解決するサービスを提供しています

自社BIであるAnalyticaを運営している豊富な経験から、導入前から導入後まで
BIに関する課題解決に向けて御支援致します。

データドリブン経営体制の推進

経営課題を明確化・可視化し、取り組むべきKPIの定義を御支援致します。

経営課題を明確化・可視化し、取り組むべきKPIの定義を御支援致します。

現行データ環境の分析とデータ整備

データドリブンな経営体制を支えるシステム環境とするために、データの整備を御支援します。

データドリブンな経営体制を支えるシステム環境とするために、データの整備を御支援します。

投資効果を鑑みた最適なBIツールの選定

予算及び期待される効果に応じて、内製のBIか既存のBI製品かの選定をご支援します。

予算及び期待される効果に応じて、内製のBIか既存のBI製品かの選定をご支援します。

B設計・構築・保守支援

豊富な経験と知見で、BIの設計から構築・保守までをトータルに御支援致します。

豊富な経験と知見で、BIの設計から構築・保守までをトータルに御支援致します。

BI導入後のトレーニング

BIの導入後に、社内にBIの継続して利用されるよう、御支援を致します。

BIの導入後に、社内にBIの継続して利用されるよう、御支援を致します。

※弊社コンサルタントは日・英バイリンガルであり、両言語にて対応が可能です。


ヴィクセスBIサービスの3つの強み

ヴィクセスBIサービスにおけるチームは投資銀行出身のメンバーを中心として構成されており、ビジネス(Business)としての視点はもちろん、数値解析や、乱立するデータベース環境下での洞察分析(Analytics)にも強みを持っています。また自社の運営するBIサービスであるAnalyticaで培った豊富な経験と知見を有しており、BIの導入や構築においても他社にはない御支援が可能です(Implimentation)。昨今の予測困難な経営環境においても確実性の高い革新的なBI アナリティクスサービスを提供します。 

 
Green_2.png
 

ヴィクセスBIサービスの2つのアプローチ

ヴィクセスが提供するVixcess BIサービスは、データ分析を利用したビジネス意思決定の御支援(BI アナリティクス)と共に、BIシステム構築・導入時のコンサルティング(BI コンサルティング)の両面からのアプローチで、企業の経営改革、業務改革、マーケティング戦略の改革までを支援致します。BIアナリティクスサービスはこちら

 
Green_3.png
 

コンサルティングのプロセス

データドリブンな経営が実践できる組織体制の構築から、それらに適したBIの選定と構築までを、トータルにサポート致します。単なるBIというソフトウェアの導入の先にある、経営改革の実行、収益の拡大、コスト削減の御支援を致します。

 
Green_5.png